つつじスタッフのつぶやき更新中

つつじブログBLOG

2022.01.28 | イベント・求人など

職員に聞いてみた~様々な経験から福祉を選んだ職員編~

1月も今日で終わり、今年度も残すところ2ヶ月になりました。

昨年に引き続き、職員の紹介をしたいと思います。つつじには、子どもから大人まで様々な事業をおこなっていますので、色んな仕事があります。

職員は学んできた知識も経験も、得意なスキルも本当にさまざま…バラエティ豊かな職員が活躍しています♪

 

もうすぐ入社して1年になる新人職員に話を聞いてみました!

SOARつつじ 森岡菜摘さん

もう少しで1年。SOARつつじでの仕事には慣れましたか?

はい。入社したての頃と比べると、随分慣れてきたように思います。まだまだ覚えることはたくさんありますが、優しい上司や楽しい先輩方に助けていただきながら、日々楽しく仕事をさせてもらっています。利用者さんと色んな話をしている時が一番楽しいですね。

森岡さんは学生時代、色んな経験をされてこられたと聞きました。なぜ障害福祉の分野を選ばれたのですか?

はい。大学では国際教育学を専攻していましたが、在学中にバックパックでアフリカ大陸を中心に世界を旅したことがきっかけで、人と直接関わる仕事に興味が湧きました。就職活動時には26か国への旅の経験を活かして、海外での仕事や途上国支援の道に進むことも考えましたが、まずは日本で、生活の土台となる福祉の分野で仕事をしてみたいと考えるようになりました。

 

今はSOARではどのような仕事を行っているのですか?

職員と利用者さんの全体朝礼は朝9時半に始まります。

朝礼後は午前2コマ・午後2コマの、計4コマの作業時間があり、お昼は1時間の昼休憩があります。

昼食は利用者の皆さんと一緒に食べています。また、建物の1階には社会福祉法人交響さんがされているパン屋さんがあるので、そこでパンを買って食べることもありますよ。

作業時間には、利用者さんの作業の様子を観察して、その方が就労でどのようなところが課題になってくるのかを見つけるようにしています。

また、週に一度は定期面談をおこなっています。体調や就職についての希望を伺うことはもちろんですが、週末は何をして過ごされたかなど、その方の人となりをお聞きし、信頼関係を築くことを大事にしています。

SOARでは作業だけでなく、就労マナーやコミュニケーションに関する講義もおこなっているので、講義資料としてパワーポイントや動画の作成をおこなうことも大切な仕事です。

就職された方の職場訪問や利用者さんの就職活動等(ハローワークへの同行など)も任されるようになりました。一日に複数の訪問予定が入っていたりすると、朝礼から終礼まで外出が続くこともあります。

 

SOARの魅力やすごい所を教えてください。

SOARのすごい所は、早期離職者が少ないことだと思います。利用者さんと支援者はもちろんのこと、職場やご家族の方・相談員さんなど、様々な支援機関と連携を取ることで、長く働かれている方がたくさんいらっしゃいます。現時点では、SOARでの訓練を経て就職された方の累計が、99人となっています。

成長できたと感じることはありますか?

成長できたと思うことは、福祉に関する知識量が増えたことです。就職するまで福祉との関わりはほとんどありませんでしたので、初めは事務所内で飛び交う言葉のほとんどが分かりませんでした。しかし、気兼ねなく話せる同期や、何でも優しく教えて下さる先輩方のおかげで、少しずつ話の内容や意味が理解できるようになりました。まだまだ分からないことはたくさんありますが、最近は、自分が分からないことは何なのかが分かるようになってきていると思います。

仕事とプライベートのバランスはいかがですか。

良いバランスを保てていると思います。今、築100年以上の古民家で仲間と一緒に共同生活をしています。リノベーション工事も全て自分たち自身でおこないました。最近はコロナ等の関係で、外出を控えていますが、その分、家の中でDIYを楽しんでいます。家具や暮らしの場を手作りすることで、いいリフレッシュになっていますよ。コロナが終息したら、SOARの同期と旅行に行きたいなと話をしています。

 

就活生にメッセージやエールがあればお願いします。

私が就職活動時に心掛けていたことは、結果にこだわり過ぎず、就職活動そのものを楽しむという事です。今までの人生で、家族以外の人でこんなにも私の人生に興味を持ってくれた人はいただろうかと思うと、面接官と話をしている時間がとても貴重なものだという実感が湧いてきます。コロナ渦での就職活動、大変なこともたくさんあるかと思いますが、ぜひ前向きに楽しんでほしいと思います。

 

仕事もプライベートもとてもアクティブで、どんな事にもまずは興味を持って取り組まれている森岡さん。4月からは素敵な先輩になって、後輩たちと一緒に仕事を楽しんでくれるでしょう♪

 

社会福祉法人つつじでは、誰もが住みやすい地域づくりを目指して活動しています。

興味のある方は、気軽にご連絡ください。見学も大丈夫です!

082-427-1155 / uing@crocus.ocn.ne.jp(社会福祉法人つつじ ウィング 大森・奥家)

2022.01.26 | イベント

2023年卒 採用活動スタートしています♫

2022年卒の採用活動も続けている中(若干名)、

2023年卒の採用活動もこれからスタートです!!

近々、次の採用イベントにも参加しますので、ぜひぜひご参加ください。

 

●春の福祉就職総合フェア

令和4年3月5日(土)13:00~15:30

広島県立広島産業会館 東展示館

広島 3月春の福祉就職総合フェア

 

●ひろしま企業フェア(企業説明会)

令和4年3月14日(月)13:55~16:25

広島県立総合体育館 小アリーナ

ひろしま企業フェア

 

●マイナビサイト

令和4年3月1日~公開予定

 

また、3月までに色んな情報が知りたい、企業研究をおこないたいという方…

随時、見学説明会をおこなっています!

電話またはメール、ホームページのお問い合わせから、以下の情報をそえて申し込んでください。

①お名前

②学校名・学年

③興味のある仕事または見学したい事業所

電話:082-427-1155(担当:法人事務 山田)

メール:uing@crocus.ocn.ne.jp

皆さんからのご連絡、お待ちしています♪

2022.01.13 | お知らせ

新年あけましておめでとうございます!

新年あけましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

つつじは、4日から仕事始めでした!

初詣を企画している事業所もあったのですが、

この感染症の拡大を受けて、延期となりました。

残念ですが、今は我慢の時でしょうかね。。。

 

2022年、誰もがいきいきと生活できる地域づくりを目指して、

より一層、職員一丸となって努力して参りたいと思います。

皆さまにとって今年が明るく幸多き一年になりますように……!

2021.12.28 | ぐるんぱ

ぐるんぱのクリスマス会

ぐるんぱの行事の中でも、指折りのビッグイベント「クリスマス会」が開催されました!
子どもたちによる劇や工作、楽器演奏など、さまざまな演目が披露されています。

午前の劇「ぐるんぱのクリスマスケーキ」
子どもたちが協力して、大きなクリスマスケーキを作ります。ボウルに材料を入れたり、飾り付けをしたりと、スキルに応じていろいろな役割を演じてもらいました。

午後の劇「おおきなソリ」
「おおきなかぶ」をクリスマス風にアレンジ。ソリが動かず困ったサンタクロースを、子どもたちが一人ずつ助けに向かうストーリーです。

午前の工作「キャンディボックス」
ステンドグラス風のツリーなど、クリスマスらしい装飾でお菓子用のボックスを作りました。箱の色は、子どもたちのシンボルカラーに合わせて一人ひとり違うものになっています。

午後の工作「スノードーム」
午後グループは立体の工作に挑戦。ペットボトルを使ってスノードームを作りました。雪玉を流し入れる最後の仕上げは、みんなとても楽しそう。

行事の練習ステップ
どの演目も、先生と一対一の場面で、個別に練習することから始めました。
集団での学びが得意ではない子どもにとって、まず個別で学習し、それを集団で反映させるステップがとても大切になります。
この段階的な練習によって、保護者さんたちの前で迎えた当日も、上手に参加することができました。

🎅がんばったご褒美はサンタさんからのプレゼント。みんな笑顔で受け取りました。

2021.12.27 | 就労支援

SOAR 活動日クリスマスパーティーを行いました!

SOARつつじでは、月に1回土曜日に余暇活動の取り組みを行っています。

今月は、久しぶりのOBOGさんもお呼びしての開催となりました。

しばらくの間、コロナウイルス感染症拡大防止のため、現役の利用者さんのみで行っていたため、久しぶりに卒業生との交流の時間を持つことが出来ました!

 

12月の活動日は、クリスマスパーティーのイベントでした!

 

まずはじめに、現役の方と卒業生の方との交流を行うため、アイスブレイクとして他己紹介を行いました。お互いにその日初めて話す方もいらっしゃいましたが、それぞれ皆さん自身のペースで交流を持つことが出来ました!

他にもアイスブレイクとして、クリスマスソングを主にしたイントロドンクイズを行い、職員も利用者さんも盛り上がりながら楽しむことが出来ました♪

 

次に、松ぼっくりを使ったクリスマスツリーの工作を行いました。

飾りつけをしたり、色を塗ったりと皆さんそれぞれのオリジナルの作品が出来上がりました!完成したツリーはお家に持って帰っていただきました。

 

最後に、参加者の方からご持参いただいたクリスマスプレゼントの交換会を行いました!

今回はコロナウイルス感染拡大防止のため、できるだけ非接触な交換会を行いました。あらかじめ番号の書かれたひもを引き、そこに書かれた番号のプレゼントを受け取ります。どんなプレゼントが当たるのか、また自分のプレゼントは誰の元に届くのか、ドキドキワクワクな交換会になりました!

 

参加者のみなさんからは、「OBOGさんと交流できて、新鮮な気持ちだった!」「クリスマスらしいことを出来て楽しかった!」などの感想をいただきました。
笑顔で活動されているご様子を見て、職員も楽しい時間を過ごすことができました!

今後も余暇活動の充実を図るために、様々なイベントの企画をしていきたいと思います。