つつじスタッフのつぶやき更新中

つつじブログBLOG

2021.01.09 | ぐるんぱ

おたのしみ会を行いました!

今年度は新型コロナウイルスの影響もあり、今回のおたのしみ会が今年度2回目の親子活動となりました。

午前2グループ・午後1グループの3グループに分かれて感染症対策に留意しながら実施しました。

各グループの子どもさんに合わせた内容で劇や楽器演奏、出し物、工作などを行いました。

子ども達は勉強場面や集団場面での練習、全体練習などステップを踏んで練習を積み重ねてきました。当日は保護者の方の前で発表するためいつもと違う雰囲気の中、緊張気味の子どもさんでしたが、一人ひとりの理解やスキルに合わせた設定で行うことで混乱することなく自立的に取り組む事が出来ておられました。

おたのしみ会の最後には理事長先生からご褒美をいただき、とてもうれしそうに受け取る子どもさん達でした♪

      

   

2020.12.28 | イベント

つつじ忘年会を行いました!

生活介護つつじでは、本日28日に1年の締めくくりとして忘年会を行いました。

「クイズ大会」「ビンゴゲーム」「おやつタイム」の3つの特別な活動を設定し、それぞれ担当の職員が利用者の方一人一人に楽しんで参加していただけるような内容を企画しました。

クイズ大会では、職員や施設に関する〇×問題に加え、スペシャル問題と称して職員の対戦を行いました。スペシャル問題はその場で結果が見て分かる為、特に盛り上がりが見られました。

ビンゴゲームでは、職員の顔写真を使ったビンゴカード作りから行いました。オリジナルのビンゴカードをもとに、ビンゴができた人から順番に景品を選びました。

おやつタイムでは、マフィンにフルーツやチョコなどをトッピングして、見た目のかわいいおやつを作りました。いつもと比べて少し贅沢なおやつに、皆さん幸せ気分で味わいながら、会はお開きとなりました。

生活介護つつじは、普段は曜日ごとに決められた活動に取り組んでいますが、今回のような年末年始や年度末などには季節やイベントに合わせて特別な活動を行っています。利用者の方に季節を感じながら楽しい時間を過ごしていていただけるよう、これからもたくさんの楽しい活動を企画していきます。

 

今年も残りわずかとなりましたが、皆様体調に気をつけてお過ごしください。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020.12.16 | SORAつつじ

SOARつつじ ミニセミナー『スーツの日』を開催しました!

SOARつつじでは、就職活動に向けて様々な取り組みを行っております。今回は、新しい試みとして、『スーツの日~面接時の身だしなみと仕事の経験談から学ぼう~』をテーマにミニセミナーを開催しました。

『スーツの日』では、必ずスーツを着用して参加していただき、スーツに慣れることや身だしなみを整えること、就労の意識を高めていくことを目的としました。

利用者さんには、まず身だしなみのチェックリストを確認しながら、自分自身のスーツの姿をチェックしていただきました。次に、実習に来られている学生さんからの『今までの仕事の経験談(アルバイト)』を聴講してもらいました。働いている時の周囲の方への挨拶や感謝の気持ちの大切さについてお話ししていただき、みなさん真剣に聞かれていました。

利用者さんからの質問では「今まで働いた仕事の中で一番しんどかった内容は?」「清掃の仕事では人と関わることはありますか?」などと質問が挙がりました。「普段の訓練から挨拶やお礼を頑張っていこう!」という感想もありました。今後の就職活動に活かせる良いお話が聞けたと思います。

今回の企画を通して、久しぶりにスーツを着た方や初めてスーツを買った方がいらっしゃいました。就職活動中はスーツを着る機会が増えるため、身だしなみに関する訓練をして、今後も様々な内容で企画をしていきながら、支援を行っていきたいと思います!

セミナーの受付をしてくださっています!

セミナーの様子です!

身だしなみを整えていらっしゃいます!

※写真についてはご本人の同意を得ています。

2020.10.05 | イベント

第2回法人内研修を開催しました

社会福祉法人つつじでは年に4~5回、法人職員が集まって、様々な研修を実施しています。

新型コロナウィルスの影響で第1回は各部署からの実践報告をオンラインでおこないましたが、

第2回は9月19日(土)東広島芸術文化ホールくららで開催することができました。

「地域共生社会の実現に向けて、社会福祉法人に期待される役割」をテーマに、

元社会福祉法人つつじの職員であり、現在は社会福祉法人広島県社会福祉協議会地域福祉課

地域共生社会推進担当の高原伸幸様にご講演をいただきました。

当法人の職員だけでなく、社会福祉法人恩賜財団済生会、社会福祉法人太陽の町からも

ご参加いただき、地域で生活するとはどういうことか、じっくりと考える機会になりました。

高原様は現在のような障害福祉サービスが整う以前から同じ機能を持ったサービスを実践されていたと

いうお話を聞き、大きな刺激を受けました。また、地域共生社会の実現に向けて、

社会福祉法人に期待されている役割が大きく、法人として、また一人ひとり、

どのようなことができるのか考えていきたいと思います!

 

2020.08.08 | イベント

ブルーベリー狩り パック制限のお願いについて

今年度も多くの方にご来園いただき、ありがとうございます。
現在、ブルーベリー狩りが大変盛況のため、実の習熟具合が追い付かない状況になっております。

一人でも多くの方に摘み取りを楽しんでいただくために、8月6日(木)より、お一人様あたりのパック制限をさせていただきます。

お一人様 小パック1個 のみとさせていただきます。

誠に申し訳ありませんが、ご理解、ご協力のほどよろしくお願いいたします。