つつじスタッフのつぶやき更新中

つつじブログBLOG

【イベント・求人など】の記事

2021.04.13 | イベント・求人など

職員に聞いてみた~就労支援員編~

つつじの大きな特徴の一つは就労支援に力を入れていることです。利用者の皆さんの「はたらきたい」という思いを実現できるように、様々な「はたらく」をサポートしてきました。

開設当初からの就職者数は700人を超えています。

 

今回はそんな就労支援の最先端で活躍している職員に話を聞いてみました!

広島東障害者就業・生活支援センター 萬行裕紀さん

 

●萬行さんは入社何年目ですか?どんな仕事をされているんですか?

入社9年目になります。今は障害者就業・生活支援センターで、主に障害のある方の就職に向けた支援をおこなっています。

働きたいけど不安…自分にはどんな職種が合っているか分からない…どうやって就活を進めていいか分からない…などの相談を受けています。

他にも作業のアセスメントを取ったり、一緒に求人を見つけるなど就職活動全般のサポートをおこなっています。気になる会社があれば一緒に見学に行き、実習の設定や面接に同行したりもしますよ。就職された後は、その企業で長く働けるように、職場に訪問し、働く中での悩みや不安なことを企業担当者と連携して解決しています。企業側へのサポートとして、地域の企業の方に集まっていただき、障害者雇用について情報共有や意見交換などもおこなっています。

 

●入社時から就労支援の仕事を希望されていたんですか?

学生時代、つつじの職場説明会で就労支援の話を聞き、興味を持ち、自分も携わりたいと思うようになりました。入職当初の配属先は生活介護事業所でした。利用者の皆さんの食事介助や入浴介助、余暇活動の企画などが主な仕事でした。そこで障害に対する知識や分かりやすく伝える大切さについて学べたと思っています。現在の仕事の就労支援と職務内容は異なりますが、障害のある方との関わり方など生活介護での経験が活かされていると思います。

 

●就労支援の魅力って何ですか?

やはり就職が決まった時の達成感です。就労支援は就職が決まるまで利用者も職員もたくさん悩むぶん、達成感も大きいです。就職後に職場に訪問して様子を伺った時に、頑張って仕事に励んでいる様子を見たり、「はじめての給料で〇〇買ったんよー!」と笑顔で報告してくれたりする姿を見ると、支援できてよかったなと実感します。

 

●プライベートでは2人の子どもさんがいらっしゃいますね。家ではどんなお父さんですか?

自分で言うのは恥ずかしいのですが、子煩悩な方だと思います。休みの日は子どもと一緒に体力が尽きるまで遊んでいます。基本的に土日休みなので家族との時間も作りやすいですね。法人全体の年間カレンダーが年度初めに出るので、家族や友達とのスケジュールも立てやすく、充実しています。

 

●これからの目標ややってみたいことなどあれば教えてください?

障害者就業・生活支援センターには様々な障害や病気の方が相談に来られます。障害や難病についての知識をさらに高めて、対応できる幅を広げていきたいです。

 

利用者に対しても企業に対しても、一貫してブレず支援をしているので周囲からの信頼も厚いと評判の萬行さん。誰もが住みやすい・働きやすい環境づくりを目指し、訪問や相談、連絡調整に毎日、地域を走り回っています。

福祉の仕事=介護だけではありません。

萬行さんのように、適職や就職活動の進め方などのサポートをおこなうキャリアコンサルタントのような仕事もあり、企業に障害のある方を知ってもらったり、雇ってもらえるよう働きかける営業のような仕事もあります。他にもつつじには、ニーズに合った商品を売りだす商品開発部のような仕事や芸術品を作り出す職人のような仕事などもありますよ。

 

つつじでは、様々な強みを持った方を募集しています!興味のある方はぜひご連絡ください。見学からでも大丈夫です。

082-427-1155 / uing@crocus.ocn.ne.jp(社会福祉法人つつじ ウィング 大森・奥家)

2021.03.26 | イベント・求人など

職員に聞いてみた~福祉以外の分野から入社した職員編~

3月も残すところ、あと数日…。1年が経つは早いものですね。

さて、社会福祉法人つつじでは2022年の採用活動をスタートしています。先日も事業所説明会を実施し、複数の事業所を見学していただきました。少人数でおこなっているので、学生の皆さんからもたくさん質問いただき、楽しくお話しできました。

よく「福祉の勉強をしていないんですが、大丈夫ですか?」「福祉関係の資格を持っていないのですが、良いのでしょうか?」などのご質問をうけるのですが…もちろん大丈夫です!!

今日は、そんな他分野からつつじに入り、活躍している職員に話を聞いてみました!

コスモス 吉本侑司さん

● 吉本さんは入社何年目ですか?どんな仕事を担当していますか?

入社4年目です。コスモスでは昨年から新しく始まった事業の西条松なめこの栽培や陶芸、表具等様々な仕事を担当させていただいています。

● 吉本さんは以前は福祉とは違う仕事をされていたんですよね?

そうなんです。高校卒業して造園関係の仕事を7年間していました。主に植木の管理や外構工事、土木工事等を行っていました。

● なぜ福祉の現場に?

前職について将来的にずっと続けていくことができるだろうかと不安を感じ、転職を考えていました。周囲に相談したところ、福祉の仕事を教えてもらったのがきっかけです。正直、福祉に対してはっきりとしたイメージは持っていませんでしたが、人と関わる仕事で自分の可能性を広げたいと思い、選びました。また、つつじではブルーベリー畑の管理を行っているのを知り、自分が前職で学んだ知識や経験を活かせると思ったことも一つの魅力に感じました。先日も、ブルーベリー畑に土を入れる際に車両系建設機械の免許を持っていたので重機を扱って、整地することができました。

● つつじに入って成長できたと感じることはありますか?

コスモスでは表具やバザー、交流行事(コスモス夏体験、幼稚園卒園制作)で地域の方々と関わる機会も多く、改めて社会人としての立ち振る舞い(挨拶、言葉づかい、報告連絡相談等)を意識するようになり、自分でも成長したと感じます。つつじには向上心のある職員が多いので、いつも良い刺激をもらいながら仕事をさせていただいています。

● 最後に、お休みの日はどんなことをされていますか?

この1年は介護福祉士の資格取得に向けて勉強していました。何か1つ資格が欲しいと思ったときに、介護福祉士は実務経験3年と実務者研修修了で資格にチャレンジできると知り、勉強し始めました。また、12月に子どもが生まれてからは1週間程、育児休暇を取得させていただきました。コロナの影響であまり人の多い場所には行けないので近所を散歩したり、家で絵本を読んだりして過ごしています。

 

どんな人にも優しく丁寧に笑顔で対応してくれる吉本さん。最近はコスモスで栽培している「西条松なめこ」の販売に、東広島市内を走り回っています。

 

つつじでは、吉本さんのように福祉以外の分野から入職した職員も増えています。

心理・教育・語学・経済・建築・理学関係など他分野の勉強をしてこられた方も、つつじには様々な場所で様々な仕事がありますので、知識や経験を活かしながら活躍することができます。

興味のある方は、気軽にご連絡ください。見学も大丈夫です!

082-427-1155 / uing@crocus.ocn.ne.jp(社会福祉法人つつじ ウィング 大森・奥家)

 

2021.03.12 | イベント・求人など

2022年度職員採用情報

社会福祉法人つつじでも、2022年度職員採用活動がスタートしています。

現在、個別見学・相談会を随時実施しています。(マイナビサイト上で3月と4月の予定を公開しています)

今日は、社会福祉法人つつじの活動内容をまとめた映像を紹介します。

社会福祉法人つつじ紹介動画

職員や職場の雰囲気が少しでも伝わることができたらうれしいです。

これから相談会に参加を検討している方はぜひごらんください。

2021.03.01 | イベント・求人など

2022年度採用活動スタートします!

2021年3月1日になりました。社会福祉法人つつじでもいよいよ2022年度採用活動をスタートします。

まだ新型コロナウイルス感染症がおさまっていない中で以前のような通常の活動ができない中ですが、そのような状況をプラスにとらえて様々な形態で皆さんに情報発信できる機会を設けていきたいと思っています。

まず初めに3月から個別相談、見学会を随時実施していく予定にしております。金曜日に午前・午後で実施をさせていただきます。

また随時オンラインでの説明会も開催させていただきます。

個別開催の利点を活かし、設定した日程以外でも調整可能です。その他の日程での希望がありましたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

皆さんとお会い出きることを楽しみにしております。よろしくお願いします。


マイナビ2022

 


マイナビ2022

2021.01.17 | イベント・求人など

グループホームの紹介と、一緒に働いている方の募集です。

つつじのグループホームとは

今回は、社会福祉法人つつじで運営しているグループホームについて紹介させていただきます。

社会福祉法人つつじでは、「誰もが住み慣れた地域で安心して、楽しく生活できる」事を理念に掲げ様々な支援を展開しています。

その一つの事業がグループホームになります。現在つつじでは地域の中で3か所のグループホーム があります。

グループホームは、地域の中にある「障害のある方のすまい」になります。それぞれのホームで4人〜8人の方が生活しています。

(どんなホームがあるかは、ホームページでも写真があります。確認してください)

生活している障害のある方の生活は、日中は、それぞれが所属する場所に通って仕事をしたり、活動をして過ごしています。

活動が終わると、ホームに帰宅します。ホームではリビングやそれぞれの部屋で好きな事をしてゆっくり過ごしています。

休日は、ホームで過ごす人もいますし、ヘルパーさんと一緒に買い物や映画など外出する人もいます。

生活している障害のある人のそれぞれのペースで生活できるように支援者はサポートしています。

 

グループホームで障害のある方の生活をサポートしていただけるスタッフを募集しています

グループホームでは、主に2種類のスタッフで支えていただいています。

①午前中と活動場所から帰宅後の午後からの仕事をしていただくスタッフ「世話人さん」

朝は、8時〜10時の勤務です。洗濯や掃除などの家事支援と、日中活動への送り出し支援をしていただいています。

午後は、15時(30分)〜19時の勤務です。みんなが日中活動から帰ってくるのをお出迎えしていただき、夕食の準備です。

今日の活動についてお話をしながら、みんなの今日の様子を確認していただきます。

勤務はシフト制になっており、各ホームごとに1ヶ月ごとに勤務希望を確認しながらシフトを組んでいます。

朝の時間帯だけや夕方からの時間帯だけの空いた時間を有効に活用したい方は、午前や午後の勤務だけ

「日中に自分の時間を持ちたい」と思っている方は、午前、午後の時間両方勤務など、それぞれの希望に併せてシフトを組む事が可能です。

他の仕事とうまく組み合わせて働いている方もいますよ(ダブルワークもOKです)

②夜の支援や見守りをしていただく、「夜勤さん」

「夜勤さん」の勤務時間は19時〜8時になります。

19時にはみなさん夕食が終わっているので、順番にお風呂に入っていただきます。その時に上手に洗えるようにお手伝いをします。

その後、就寝準備です。皆さん寝るまではそれぞれの部屋でテレビを見たり、好きな事をして過ごしていますよ。

就寝後は、定期での見守りです。何か変わった事がないか確認していただいています。必要な時には夜間トイレの手伝いをします。

夜間みんなが寝ている間は、スタッフも仮眠をとっていただいています。

大学生も働いてもらっています。夜間の空いた時間を活用して勉強していただくのもOKです。

夜勤さんも自分の時間を有効に活用していただき、他の仕事と組み合わせて働いていただいている方もいます(ダブルワークもOKです)

女性利用者のホームは 女性「夜勤者さん」男性利用者のホームは男性「夜勤者さん」に働いていただいています。

関心を持っていただいた方は、ぜひ、障害のある方の地域生活を支えるスタッフとして私たちと一緒に働いてください。

ご連絡待っています。

 

グループホームでのスタッフ研修も行っており、働いていただいている方は未経験からスタートした方が多くいます。